紅葉

備中松山城の紅葉狩り

紅葉も色付き、紅葉狩りのシーズンとなりました。そろそろ雲海も見られるのではないかと思い、天空の山城として有名な備中松山城へ紅葉と雲海の撮影に出かけてみる事にしました。5時45分自宅を出発、北区足守から広域農道の吉備高原街道を経由し国道484号線…

備中松山城と備中高松城散策

昨日勤務が一緒だった職場の友人と、休みの今日どこかへ出かけてみようという話になり、備中松山城(高梁市内山下)の紅葉を見に行くことにしました。9時に職場の駐車場で待合わせ、国道2号線から玉島、美袋《みなぎ》経由で備中松山城のある臥牛山《がぎゅ…

自然保護センターと米粉ラーメン

今日は天気も良く気温も20℃を超えとても暖かく、先日までの寒さは嘘のようです。その寒さもあってしばらくバイクには乗っていませんでしたが久しぶりにツーリングがてら岡山県自然保護センター(和気郡和気町田賀)へ紅葉とタンチョウを撮影してみようと出か…

備中松山城の雲海と豪渓、宝福寺の紅葉

今回の日曜日は久しぶりに妻と休みが合う休日です。以前から妻の両親が総社市にある宝福寺へ行ってみたいと言っていたので、紅葉真っ盛りの宝福寺を散策して、その後精進料理でも食べて帰ろうと3日程前に予約の電話を入れましたが、紅葉シーズンの休日という…

備中松山城の雲海と蒜山焼きそば

先日6日に備中松山城へ訪れた際には雲海は全く見ることが出来ず今回リベンジです。雲海展望台に向かう一本道を走っていると、既に帰っていると思われる沢山の車とすれ違います。もしかして今日もダメなのかな?と思いつつ、7時頃雲海展望台に到着しました。…

閑谷学校の紅葉と日生のカキオコ

今日は妻と久しぶりに休みが合ったので、ドライブがてら出かけてみることにしました。大山の紅葉は見頃のはずですが、今日の天候では10月末に行った時と同様に大山は霞んで見えない可能性も十分考えられ悩んでいました。と・・・、以前妻が「閑谷学校の紅葉…

備中松山城と豪渓

そろそろ紅葉の木々と雲海に浮かぶ備中松山城(高梁市内山下)が見えるのではないかと思い出かけてみることにしました。自宅を出る時の外気温は10℃、少し暖か過ぎるかなと思いつつも6時に出発、吉備中央町経由で7時少し過ぎに雲海展望台(高梁市奥万田町)に…

龍宮岩と蒜山高原の紅葉

早いもので10月も終わりに近づき、そろそろ紅葉シーズンではないかと思い、蒜山高原から大山へ向かってみることにしました。途中、昨年この時期にヤマセミと遭遇した龍宮岩にも立ち寄ってみます。当初バイクでツーリングがてら出かけるつもりだしたが、先日…

備中松山城の雲海と紅葉(リベンジ編)

備中松山城の雲海撮影のリベンジに行ってきました。 6:30に到着しましたが、平日にもかかわらず夜明け前から訪れる人の多さに感心します。駐車場としてはないので、路肩に停車しますが「左側への駐車は禁止」という注意看板があります。転回して右側に停車し…

豪渓の紅葉

豪渓≪ごうけい≫(岡山県総社市)の紅葉撮影に行ってきました。写真右上の展望台には残念ながら現在登ることが出来なくなっています。 紅葉真っ盛りです! 豪渓は岡山の三大河川の一つである高梁川の支流槙谷川沿いにあり、天柱山(330m)などの奇岩が天を突…

備中松山城の紅葉

前回のリベンジのため備中松山城(岡山県高梁市)へ紅葉と雲海の撮影に行ってきました。駐車スペースには車が一杯で、展望台の入口には観光バスが停車し多くの方々が下車されはじめました。待つ事暫し・・・。今回は前回の反省から6:30に到着です。 混雑し…

備中松山城の紅葉と雲海

そろそろ紅葉も見頃かと思い、妻と備中松山城(岡山県高梁市)にドライブがてら雲海と紅葉の撮影に行ってきました。 7:50に展望台に到着、何故か時間を勘違いしていて、到着した時には雲海がかなり下がっていました。平日だというのにまだ多くのカメラマン…

大山紅葉ツーリングpartⅡ

大山の紅葉撮影にリベンジです。前回訪れた際には未だ少し早かった紅葉ですが、そろそろ良い時期ではないかと出かけてみました。途中"美甘渓谷"《みかもけいこく》へ立ち寄り四十曲がり峠を越えて鳥取県へ入ります。 溝口(鳥取県西伯郡伯耆町)で国道181号…

美甘渓谷の紅葉

「美甘渓谷」の紅葉の撮影に行ってきました。 美甘渓谷は真庭市神代≪コウジロ≫(旧美甘村)にある渓谷です。国道181号を通る時はいつも気にはなっていましたが今回初めての訪問です。"美作勝山藩"の御膝元の勝山から旧出雲街道を新庄川沿いに凱旋桜で有名な…

大山紅葉ツーリングと新見ラーメン

大山へ紅葉の撮影に行ってきました。 途中「道の駅がいせんざくら新庄宿」(真庭郡新庄村)でタバコ休憩、その後県道58号で蒜山≪ひるぜん≫に向かいます。途中ちょっと寄り道して野土路TN 手前にある「野土路の水」≪のとろの水≫へ。昔この地を治めていた"美作勝…